薬剤師(無料)転職サポート

マイナビ薬剤師

圧倒的な満足度!
薬剤師マイナビ!
あなたにあった求人を紹介して貰う


薬剤師求人


薬剤師募集をしている職場 病院での薬剤師募集

薬剤師募集は、色々な職場で行われています。
もちろん、どの職場の薬剤師募集に応募するのかによって仕事内容や求められるスキルは異なってきます。
ここでは、病院での薬剤師募集の詳細について見てみましょう。 どこの病院でも、薬剤師の存在は必要不可欠です。

もちろん、業務自体は決して楽なものではないですが、その分病院でしか味わうことのできないやりがいもあります。

実際に薬剤師募集サイトなどを見てみると、病院では薬剤師募集が頻繁に行われているぐらいです。
それぐらいニーズが高いのが現状です。病院では、来院して薬の処方の必要のある患者さんに薬を出すことになります。

この際、医師が記載した処方箋の内容によって薬を選択することになりますが、病院で扱っている薬の量は非常に多いので、薬に関して幅広い知識が求められるのも大きな特徴です。
また、病院では実に多くのスタッフが働いているので、その中で連携して業務を行っていくことが求められます。
病院での薬剤師募集案件は、薬剤師としての強い責任感があることはもちろんのことですが、コミュニケーションスキルに長けている人が求められる傾向にあります。
というのも、多くのスタッフや患者さんとコミュニケーションを取ることなしに、業務に携わっていくことはできないからです。
常に新しい知識やスキルを得ることに喜びを感じることができるのであれば、病院の薬剤師の適性は十分にあると言っても良いでしょう。

薬剤師募集をしている職場 調剤薬局での薬剤師募集

薬剤師募集を頻繁に行っている職場の代表格として、調剤薬局が挙げられます。
調剤薬局は、文字通り薬局なのですが、医師の処方箋の内容をもとにして、投薬を行っていくことが必要になります。
しかし、単に機械的に投薬を行うだけではありません。患者さんと適切にコミュニケーションを取って、その場に合った対応を臨機応変に行っていくことが求められるのです。
そのため、調剤薬局の薬剤師募集では、そのような点も考慮された上で採用活動が行われているのです。

では、調剤薬局における仕事の魅力とは、一体どんなものでしょうか。

それは、薬局に足を運んだ患者さんと直接的にコミュニケーションを取れることです。
これはまさに調剤薬局の醍醐味と言っても良いぐらいです。実際に調剤薬局の薬剤師募集の案件に応募する方の多くは、こういった点に大きな魅力を感じているものです。
しかも調剤薬局によっては、地域密着型であることも多いので、患者さんと顔なじみになることだって、決して少なくありません。
そうなると、患者さんとの距離も近づくようになるのです。単に機械的且つ事務的なコミュニケーションではなく、人間味のこもったコミュニケーションを取ることができ、勤務先の調剤薬局に対しても患者さんに対しても、どこか愛着がわいてくるものです。
また、調剤薬局の近くにある病院の科目が特定されている場合は、よく投薬する薬の種類が分かるようになるので、そのジャンルの薬の知識を増やしやすくなります。

薬剤師募集をしている職場 ドラッグストアでの薬剤師募集

もし薬剤師として勤務することを考えているのであれば、ドラッグストアの薬剤師募集案件に応募してみることも1つの方法です。
もちろん、この薬剤師募集案件は、他の薬剤師募集案件とは違ったスキルや適性が求められることにはなりますが、ドラッグストアならではのやりがいを体感することができます。

では、ドラッグストアでの薬剤師のお仕事の特徴についてお話します。

まず、接客する機会が多くなることです。
これは、直接お客様と触れ合う機会が多くなることを意味します。
言うまでもなく、お客様の要望は千差万別ですし、それぞれのお客様の要望にできるだけ細かく応えていきたいところです。
ほとんどのドラッグストアでは、ある程度はマニュアルがありますが、だからといって全ての接客がマニュアルどおりにいくわけではありません。
そのような点も踏まえて接客の経験を積んでいくことによって、本当の意味での接客スキルが身につくようになるのです。
また、接客のみならず、店舗管理やマネジメントといった業務にも携わっていくことも可能です。
1つの業務のみでは、飽きがきてしまうかもしれないですが、色々な業務をこなしてみると、どの業務もどこか新鮮に感じるようになるのです。
ドラッグストアでのお仕事では、接客や商品知識、ビジネスなどをトータルで学ぶことが期待できます。やるべきことは多いですが、今後の成長に対して貪欲な人であれば、非常に向いていると言って良いでしょう。

薬剤師募集をしている職場 製薬会社での薬剤師募集

薬剤師の資格を取得すると、製薬会社でも働くことができます。
実際に製薬会社では、薬剤師募集の求人を出していることも多く、薬剤師募集サイトを閲覧してみても、製薬会社による薬剤師募集求人に出くわすこともあります。
ここでは、製薬会社の薬剤師の仕事の特徴についてお話します。
製薬会社に勤務すると、最新の製薬に関する情報に幾度となく触れることができます。
製薬業界はいつも同じ状況ではないですし、時代のニーズが異なれば、製造される薬の種類も異なってくるものです。
製薬に関する情報は、他の職種ではそう簡単に知ることができるわけではありません。
言い方を変えれば、知りたくても知るチャンスにめぐり合わないものです。
しかし、製薬会社に勤務すれば、そのような情報は毎日のように触れることになるのです。
他には、製薬に関して高い次元でのスキルが求められることも挙げられます。
MRはもちろんのこと、他の職種でも製薬の知識は必須となるし、これを抜きに業務を進めていくことはできないのです。
また、治験や臨床開発に携わるようなこともあり、その際は本格的な研究に打ち込むことになります。
どんな研究でも、一朝一夕にはいかないですが、だからこそ新薬が誕生した時の喜びはひとしおなのです。
製薬会社では、これだけハードなスケジュールで過ごすため、どうしてもタフな精神力や体力が必要になりますが、給与については全体的に高いことが多く、仕事内容と給与がマッチした職業であると言って良いでしょう。

薬剤師募集をしている職場 教育行政機関での薬剤師募集

薬剤師は、各種教育機関や行政機関でも求められています。
薬剤師募集サイトを見てみると、実際にそのような職場による薬剤師募集案件を見つけることができます。
病院や薬局による薬剤師募集案件と比べると、決して数が多いわけではないですが、教育機関や行政機関で働く薬剤師には、それなりの大きなやりがいがあります。
では、このような職場における薬剤師の特徴について見てみましょう。
まず、福利厚生が充実していることが挙げられます。
特に公務員として働く場合は、その傾向が高いです。
もし公立の学校で働くのであれば、学校において衛生管理を中心に行うことになります。
もちろん、その際は医薬品の管理も行うのは、言うまでもないことです。
他には、実業家の教員として大学で勤務するようなケースだってあります。
これはとにかく研究に没頭したいと思っている人には非常に大きなやりがいを感じることでしょう。
研究である以上、中途半端な気持ちでは務まらないですが、その分本気で研究に打ち込むことも可能になります。
また、学校で保健師として働くことも可能です。
この場合は、多くの教職員や生徒と接することになり、様々な世代の方々と日々触れ合うことになります。
特に生徒の健康管理は非常に重要で、生徒が大きな病気にかかる前にいかにして病気を予防できるかという視点も持ち合わせていないといけません。
このように、教育機関や行政機関では、様々な職種の中から自分が就きたい職種を選ぶことができるのです。

薬剤師募集をしている職場 メーカーでの薬剤師募集

薬剤師の資格を持っている人が勤務するメーカーとしては、化学薬品メーカー、化粧品メーカー、食品メーカーといった業種が挙げられます。
これらのメーカーは、一見薬剤師募集を行っているのかと感じるかもしれないですが、実は薬剤師の存在が必要なのです。
職種内容によっては、薬剤師の資格がないと難しいこともあるので、薬剤師募集サイトなどで人材を募集しているのです。
では、メーカーで勤務する薬剤師の特徴についてお話します。
まず、先述したメーカーで勤務する人は、扱っている商品がどんな成分からできているのかを分析し、それぞれの成分が客観的に安全なのかについて日々チェックをします。
どんな成分であっても、安全であることは常に求められるし、安全でなければ、商品を使用している顧客としてはどこか不安になってしまいます。
その不安を根本から払拭するためには、どうしても安全性について研究をすることが必要になるのです。
また、単に安全性のみならず、新商品をいかに企画して開発していくかという点についてもフォーカスが置かれます。
どのメーカーでも、新商品を出すことによってブランディングのチャンスが生まれてくるし、企業として勝ち残っていくのであれば、やはり新商品を欠かすことはできません。
メーカーの薬剤師は、色々な職種の方々と密接に関わりあっていくことになり、その中から色々なアイデアが生まれることを体感できます。
これがメーカーでの薬剤師の醍醐味であると言えます。





薬局&ドラッグストアを都道府県から探す♪

都道府県一覧

満足度NO1薬剤師転職支援サービス

マイナビ薬剤師

薬剤師求人